ホームページ タイトル 本文へジャンプ

   平成29年度 研究主題
 
外国につながる児童生徒の総合的・多面的な指導の在り方
 


  [ 主題設定の理由 ]

・ 浜松市には様々な文化背景(多国籍)の児童生徒が在籍する学校が多い。

・ 浜松市には多くの外国人児童への支援体制が整っているが、担当教員が代わる学校で
 では、担当者がどのように運営・コーディネートしたらよいか悩んでいる。

・外国につながる児童生徒については、日常会話はできるが、学習言語が十分に身に付
 いていないため、教科学習において十分に能力を伸ばすことができないでいる。

★ このような実態から、本年度は担当教員としてどのような仕事をするかが理解でき、 学習指導や担当の仕事など、経験年数や必要に応じた研修を行っていきたいと考える。