ホームページ タイトル 本文へジャンプ
令和3年度 研究主題
 自分を見つめ、子どもを見つめる 多文化共生社会で一人一人の学ぶ力を高める指導  〜日本人児童生徒との温かな関わりを基盤にした 在籍学級での学びを目指して〜


・浜松市には様々な文化背景(多国籍)の児童生徒が在籍する学校が多い。

・ 外国につながる児童生徒については、日常会話はできるが、学習言語が十分に身に付いていないため、教科学習において十分に能力を伸ばすことができないでいる。

・外国につながる児童生徒の取り出し指導をする日本語指導加配教員や在籍する学級の担任、教科担当もどのように授業をしたらよいか悩んでいる。


・コロナ禍の保護者の就学状況等により、転編入の動きが出てくると思われるため、児童生徒の学びをどう繋げていくか、編入児童の学力保証のためのにどう支援したらよいか不安である。


☆ このような実態から、本年度も引き続き、目の前の子どもたちに対して、どのような授業を組み立てていったらよいか、どうしたら在籍学級で学ぶ力が付いていくのか、授業づくりの研修を中心に行っていきたいと考える。その際、外国につながる児童生徒の授業参加には、日本人児童生徒との温かな人間関係が基盤となることを忘れてはならない。また、保護者の就労の状況や転編入の動きにも注目しながら、児童生徒の学びを繋げていく方策を探っていきたい